フィクションのいい材料になるという点では同意です、が | g2tw2s | sa.yona.la ヘルプ | タグ一覧 | アカウント登録 | ログイン

Re: マグネシウムテクノロジー

フィクションのいい材料になるという点では同意です、が

返信

問題なのはその嘘っぱちな「妄想」科学が

いかにも「本物の」科学のような面をして

大手を振って歩いている、という点なわけでして


ウソを「これはウソです」と断っているうちはいいのですが

ウソを「これは本当です」とか言い始めると

いろいろとおかしなことになるわけで、っていうか詐欺の温床?


マイナスイオンとかね

投稿者 g2tw2s | 返信 (1) | トラックバック (0)

このエントリーへのトラックバックアドレス:

Re: フィクションのいい材料になるという点では同意です、が

http://fh9xif.sa.yona.la/967

返信

 う~ん。 なんといっても実機を見たいですよね。 どんな言説よりも。


話はちょっと変わって :

 科学(サイエンス) と工学(テクノロジー) とはちょっと違う。

電子とは何か はサイエンスでは解明されていないけれど、テクノロジーでは使いこなしている。

 シリコンにしても使い方が偶然に発見されてから、サイエンスの方で研究が進んだ。

妄想は、サイエンスにあるのか テクノロジーにあるのか、そのへんちょっと意識が必要。


 核エネルギーにしても、ウランやプルトニュームの性質や反応原理がサイエンスで解明されているとしても、テクノロジーで制御できるというのはテクノロジー妄想であるかもしれない。(現在、制御はされているんだけど..)

 サイエンスとテクノロジー、妄想と善と悪、現在の進捗状況と未来、このへんのところに配役を振り分けると近未来アニメになりそう。

投稿者 fh9xif | 返信 (1)

API | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問い合わせ Copyright (C) 2019 HeartRails Inc. All Rights Reserved.